フルリフォームとフルリノベーションの違い

本記事では、住宅改修における「フルリフォーム」「フルリノベーション」という用語の違いについて解説します。
これらの用語は似ていますが、異なる意味を持ちそれぞれのアプローチに特徴があります。

フルリフォームとは・・・

まず、フルリフォームは、既存の住宅の内装や設備を改修することを指します。
具体的には、壁や床の塗り替え、クロスの張り替え、キッチンやバスルームのリフォームなどが含まれます。
フルリフォームは、住宅をより快適にするための改善や近代化を目的として行われます。
既存の構造や間取りは変更せず、内装や設備のアップグレードに焦点を当てます。

フルリフォームのメリット

  • 予算管理:フルリフォームは一部の改修やアップグレードに比べて予算を抑えることができます。
  • 手軽さ:既存の構造や間取りを変えずに内装や設備の改修を行うため、工期や手続きが比較的簡単です。
  • 既存の骨組みを活かす:建物の基本的な骨組みや構造を活かしながら、内装をアップデートすることができます。

フルリフォームのデメリット

  • 機能的な制約:既存の間取りや構造の制約により、全ての希望や改善点を実現することができない場合があります。
  • 限定的なデザインの変更:建物の外観や大幅な間取り変更は難しく、内装や設備の改修に限定される場合があります。

フルリノベーションとは・・・

一方、フルリノベーションは、建物全体の構造や間取りを変更し、新たな住環境を作り出すことを目指します。
古い建物を取り壊すことなく、建物の骨組みを活かしながら、内外装の大幅な改修やデザインの変更を行います。
間取りの再配置や壁の取り払い、新しい部屋の追加など、建物の構造を改造することが特徴です。
フルリノベーションは、建物の再生や価値向上を図りつつ、個性的で魅力的な住まいを実現することを目指します。

フルリノベーションのメリット

  • 自由なデザイン:建物全体の構造や間取りを変えることで、自由度の高いデザインや間取りの変更が可能です。
  • 高い個性化:フルリノベーションは既存の住まいを一から創り直すため、個性的でオリジナルな住空間を実現できます。
  • 長期的な満足度:自分の理想に近い住まいを実現するため、長期的な満足度が高い場合があります。

フルリノベーションのデメリット

  • 予算の管理:フルリノベーションはフルリフォームに比べて予算が高くなる場合があります。
  • 工期と手続き:建物の構造変更や許可手続きなど、フルリノベーションはより時間と手間がかかる場合があります。

要約すると、フルリフォームは内装や設備の改修に焦点を当て、住まいの機能や快適さを向上させます
一方、フルリノベーションは建物全体の構造や間取りを変え、新たな住空間を創り出します。

どちらのアプローチを選ぶかは、改修の目的や予算、個人の好みによって異なります。

予算が限られている場合や、既存の構造を活かしつつ内装をアップデートしたい場合は、フルリフォームが適しています。
一方、建物全体を大きく変えて自分好みの住まいを作りたい場合は、フルリノベーションが適しているでしょう。

最終的な選択は、専門家との相談や自身の希望を考慮しながら慎重に検討することが重要です。
住まいの改修においては、長期的な満足度と快適さを追求することが大切です。

当社では、お客様のニーズに合わせた最適なアドバイスや提案をすることができます。

ご要望や予算に合わせて、フルリフォームやフルリノベーションのプランニングから施工まで、

一貫してサポートいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次